木造住宅新築工事

木造住宅新築工事の着工から完成まで

木造住宅新築工事
ここでは、新築住宅ができるまでをご紹介しています。

新築住宅ができるまで

地鎮祭

地鎮祭とは、建築工事等で土地に新たに建物等を建築する際に、その土地を守護する神様を鎮め、土地を利用するための許しを得る祭事で、工事の安全を祈願する意味合いも含まれています。
地鎮祭

地盤補強工事

事前の地盤調査により、強度不足の場合は地盤の補強工事が必要となります。
地盤の状況により、表層改良や、柱状改良、鋼管杭等の方法があります。
柱状改良工事

基礎工事

当社では、鉄筋コンクリート造のべた基礎を標準仕様としています。
鉄筋の配筋状況が確認できる状態で、配筋検査を実施し、検査合格後型枠を組み立て、コンクリートを打設します。
基礎工事

建て方工事

木造軸組み工法では、工場でプレカットされた構造材を搬入し、クレーンを使用して骨組みの組み立て作業を行います。
建て方工事

屋根工事

建て方が完了すると、屋根工事です。
屋根の野地合板の上にゴムアスルーフィングで、防水下地をした後屋根材を葺いていきます。ここでは、屋根材一体型の太陽光発電パネルを設置しました。
屋根葺き工事

構造金物取付

現在の木造軸組み工法で最も重要となるのが構造金物の取付です。
構造計算通りに指定の金物を指定の箇所に確実に取り付けます。
すべての金物の取り付けが完了した時点で、構造検査を実施します。
構造金物

造作工事

サッシ取り付け→外壁工事→断熱工事→内部造作工事と進めていきます。
システムバス等の設備機器も造作工事の進行に合わせて設置していきます。
最後に壁と天井をクロス貼りで仕上げて行きます。
造作工事

完成引き渡し

建物が完成し外構工事も完了すれば、いよいよ完成引き渡しとなります。
完成