介護保険 介護改修工事 バリアフリー

介護改修工事 施工例

トイレ手すり取付

トイレL型手すり
トイレには、L型手すりが一般的です。

アプローチ階段手すり取付

アプローチ手すり
アプローチ階段の連続手すりです。
階段の構造や仕上げにより取付方法を検討する必要があります。
ここでは、石貼りの階段に穴をあけて、柱を埋め込んで固定。
取付方法等、お気軽にご相談ください。

浴室改修

浴室改修工事
・浴槽入替え
・洗い場拡張及び段差解消
・手すり取付
・入口拡張

浴槽は昇降機を付けてもゆったりは入れるよう大きな浴槽に、洗い場も従来よりも30cmほど広げて、入口の段差もなくして介助しやすくなりました。

スロープ設置

スロープ設置
車イスでの出入りの際に、今までは簡易のスロープをかけて出入りしていたのですが、勾配もきつくて大変危険でした。
そこで、作りつけのウッドデッキ調のスロープを設置。
車イスを押しての出入りも楽になり、安心して介助ができるようになりました。

和室を洋室に変更(床のフローリング化)

和室を洋室に変更
和室の床を畳からフローリングに変更。
もちろん段差も解消して、今回は床暖房も取り入れて、冷えを解消。
一番永くいる部屋ですので、より快適に過ごせるように改修しました。

イス式階段昇降機

イス式階段昇降機(屋外用)

敷地に段差がある場合、家に入るためにどうしても階段をクリアする必要があります。
そんな時には、イス式階段昇降機をおすすめします。
車イス用階段リフトよりははるかに経済的。
階段幅も75cm以上あれば設置が可能です。
まずはお気軽にご相談ください。

乗り降りの際にはイスが回転しますので、車イスへの移動もスムーズにできます。

 

使わない時には折りたたんでコンパクトに収納。

屋外設置型ですので、もちろん雨にぬれても大丈夫です。

 

車イス用垂直リフト

垂直リフト

スロープを設置するスペースが無い場合は、垂直リフトがおすすめです。

小さなスペースで設置が可能。

大きな段差にも対応できます。

介護する側もされる側も楽に安全に移動することができます。

遮断機式手すり

遮断機式手すり

手すりはほしいけれど、固定してしまうと生活に支障があるという場合が良くあります。

たとえば玄関の段差部分。

手すりが無いと転落、転倒の危険があります。

そんな時には自立型の手すりを取付ます。

 

しかしこれでは通常の出入りの邪魔になります。

そこで遮断機型の手すりなら、通行の時だけ手すりを開放することができます。

手すりの取付方法についてもお気軽にご相談ください。